旬のトピックス

ホームの中の旬のトピックスの中の3/18(日)歴史食で 「おもてなし」

3/18(日)歴史食で 「おもてなし」 宇佐エリア

2018年03月09日

宇佐神宮仲見世にて「行幸会八箇社おもてなし料理」がふるまわれます
【日時】平成30年3月18日(日) 11:00~14:00頃(無くなり次第終了)
【場所】宇佐神宮仲見世「まるたけ」

【おもてなし料理】
◆大根川神社:大根餅(長峰地域づくり協議会)
◆妻垣神社 :山芋すっぽん粥(菜の花会)
◆酒井泉神社:酒粕汁(宇佐神宮周辺レディース協議会)
◆乙咩神社 :蕎麦掻餅(よりあいサロン高砂)
◆鷹居神社 :大麦じり焼(宇佐神宮周辺レディース協議会)

「行幸会」とは宇佐神宮ゆかり八箇社を巡って八幡大神の依代である御神体を入れ替える儀式で、奈良時代から6年に1度行われていたと伝えられ、1616年に中津城主細川忠興が行ったのを最後に途絶えている宇佐神宮最大にして幻の特殊神事です。

その「行幸会」の道をたどり歴史・自然・文化を体験してもらおうと
豊の国千年ロマン観光圏が企画開催した「千年ロマンウォーク2017」では古の記録を参考に歴史食を開発し、イベントの参加者にふるまいました。

今回は宇佐神宮の例祭にあわせて5つの神社の歴史食を皆様にお届けします。

一覧へ戻る